みおまお&れお成長日記!


2005年7月2日、我が家に2にゃんがやってきた!(写真は我が家の守護神、おじゃこさん)
by CanDDDD
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おじゃさん編( 3 )

クリスマスプレゼント

今日はクリスマス!

明け方、夢におじゃさんが来てくれました。

私は出かけているというのに、その出かけた場所まで
夢の中では知ってる、現実には知らない女性が
「あなたここにいると思っておじゃさんを病院に連れて行ってからここに連れてきたよ」
とおじゃをわたしてくれました。

ちょっと痛々しい治療跡があったけど、おじゃはどうやら体の悪い部分を
きれいに治療してもらって、具合もよさそうだった。
そしてずっと私のひざで抱っこされて、私のフリースに顔をつっこんでました。
それはそれはかわいくて、うれしくてたまらなかったです。

うれしかったな~、久々におじゃに会えたよ、と
旦那に話しました。

そういえば今日はクリスマスだったね、サンタが
おじゃさんのプレゼントをくれたのかな…?

ああ、天国に行ってまでこんなに私を幸せにしてくれるなんて、
なんていい弟なんだろうね。
私の一番自慢の弟です。

また会いたいな(^^)

b0039168_8402329.jpg

[PR]
by CanDDDD | 2007-12-25 08:42 | おじゃさん編

あたたかいゆめ

夢を見ました。
生前いつもそうしていたように、
おじゃさんが布団の中に入ってきて、私のひじを枕にして眠る夢です。

目が覚めたとき布団の中を覗いたら、
夢でおじゃがいた位置にはみおが入っていて、
スカースカー眠っていました。
たいそうかわいかったです。

おじゃさんのお誕生日がもうすぐです。
そして、おじゃさんの命日も、もうすぐです。

久しぶりに会えてすごいうれしかったな。
目が覚めたとき、みおがいてくれたのもすごくうれしかったな。
そこにみおがいなかったらきっとものすごく寂しかったんだろうな。

みおまおは私の心に空いた穴をその愛情とかわいさで
いっぱいに満たしてくれる子達だな、っていつも感じます。
だから、そこにみおがいるのはなんだかとても自然だったっていうか、
仕事してくれてるっていうか(謎

おじゃさんとの18年は今でも忘れられないし宝物です。
そしてきっとみおまおとの長い付き合いも宝物になっていくのです。

おじゃさん、みお、まお、ありがとう。
これからも、3にゃんとも、よろしくね。
頼りないまま(おじゃにとっては姉ちゃん)だけどがんばるよ。

b0039168_0392296.jpg

相方のなま足の上で寝入るおじゃさま。
リラックス炸裂です。
[PR]
by CanDDDD | 2006-06-08 08:10 | おじゃさん編

四十九日

おじゃさんが亡くなって四十九日が経ちました。
人間の魂は四十九日この世にとどまり、
四十九日目にあの世に行くといわれますがねこはどうなんでしょう。
人の4倍速で生きるのだったら、すでに十数日であちらに
わたっているかもしれないかな?とか考えてみたり。

ぺこぽこ日記にも書きましたが、
おじゃが亡くなったその夜、確かにおじゃの気配を感じました。
いや気のせいって言われたらそれまでかもですが。

でも、四十九日の今日、おじゃはすでにここにはいない気がしました。
おじゃの気配はとっくにない感じがありました。
おじゃは半端なく賢かったので、行くべき道が見つかったと、
とっとと私の母(5年前逝去)のそばに行ったのだと勝手に思っています。

おじゃは母がもらってきてくれた子でした。

18年の生涯を閉じるまで片時も私とはなれず、
8回にも及ぶ引越しをものともせず、30分あればその家になじみ、
ねこのことにまったくの無知だった私と
不満と不安の日々を承知で共に送ってくれました。
仕事柄2日ほど帰ってこない日があったり、
一人暮らしを始めたときは19㎡のせまいワンルームに
閉じ込めていたこともざらでした。
それ以外にも人間の都合で、普通のねこが味わわなくてもいいつらい気持ちを
星の数ほど味わわされた子でもありました。
(というか人間でも相当つらかった)
でもおじゃはずっと耐えじっと耐え、
ずっと私のそばにいてくれる人生を選んでくれました。
何度だって放棄する機会はあったのに。
いや、おじゃだからこそ耐えられたのかもしれないのかな。

私が人生で一番つらいとき、いつも必ずそばにいてくれたのは、
家族でも恋人でもなくて、おじゃだけでした。
私はおじゃがいなかったら本当に今ここにいないんじゃないかと思うくらい、
おじゃに救われました。


ここには書ききれませんが、あまりに賢く、
あまりに何もかもを見据えたような表情を毎日見ていたら、
私は次第におじゃがねこだという感覚がなくなっていました。
姿かたちはねこだけど、それは誰よりも近い、
血のつながった身内よりも誰よりも私の家族で、パートナーでした。

最初家族はそんな私を心配していましたが、
だんだん理解(諦め?)してくれて、本当にうれしかった。

今、写真を見返してみてもあ、姿はやっぱりねこだな(笑)
と思って思わずほほえんでしまうものの、
あの日々を思い出すとやっぱり私の中では別格の、特別な存在なのでした。

ここでは書ききれないほどの思いがおじゃにはあります。
だからこそ、亡くなった時のショックは相当なものでした。


それからみおまおがうちの子になってくれて、
その存在には本当に本当に助けられたと思います。
その元気さとくったくのなさ、純粋さに、たくさんの元気をもらいました。
おかげで絶望と寂しさの世界からの脱出は、とても早かったと思います。

だからこそしっかりこの子たちに恩返しをしないといけないと思いました。

まだ、おじゃがいないことが無性につらくて泣いてしまうこともあります。
でもこれからも、私はおじゃに教えてもらったことを
みおまおにも生かしてがんばるのです。

母のお仏壇におじゃの遺骨を置いているので、そこに座って手を合わせていたら、
みおとまおが隣の部屋からわざわざやってきて、私の後ろに座りました。
私がそこを離れるまでの間、30分以上、ずっと。
私はそれがうれしくて、逆に泣いてしまいました。


最初は、夫婦そろってみおまおとはご縁がないんじゃないかと思っていました。
(あまりにかわいいので引く手あまたで、うちには来ないんじゃないかと!)
そんな全然あてにならない予想とは別に、みおまおは我が家に来てくれました。
そして今日という日に、この子たちがいてくれて本当によかったと思えるのです。

本当にありがとう。
ご縁をつなげてくださったかつぶしさん、honeyさん、みおまおを気に入って、
この子たちにしようと決めてくれた相方に心から感謝なのでした。


そしておじゃ、もし生まれ変わることがあったら、
真っ先にうちにきてね。いつでも待ってるよ。
5人で暮らそうね。
b0039168_305862.jpg

ねこなの?ねこなのか?(謎


そして、読み返すとあまりにひどい飼い主…というかパートナーだったな…
と、反省しきりです(汗
おじゃたんごめんよおおお(T皿T)
[PR]
by CanDDDD | 2005-08-06 19:27 | おじゃさん編
とうじょうじん(にゃん)ぶつ紹介
おじゃこさん
私と18年間を共に過ごした、まごうことなきたからもの。子供だった私と共に成長し、いろんなことを教えてくれました。今は静かに眠りにつきました。

みおちゃん
ブログにでてくる、さび柄のおんなのこ。大変あまえんぼうで人好き、ちょっとおくびょうだけどとてもやさしい。

まおくん
シャムねこ色のぶち模様。元気なおとこのこ。興奮したりくさいものをかぐと寄り目になります。みおちゃんの姿が見えないとすぐ泣いちゃうさみしんぼ。現在8kgのトドに進化しました。

れおちゃんnew!
2013年4/17、富士山のふもとから我が家にやってきたおんなのこ。

さび長毛ふさふさぴちぴちの疲れ知らず。性格は末っ子全開、おもちゃは全部わたしのもの!なおてんばさん。2012年5月生まれ。

□■リンクリンク■□


念願のにゃんこさんと一緒に暮らし始めたお友達のブログ。
ののちよびより


がんばるみこにゃんずさま
ブログ再リンクしました。
がんばるみこにゃんず

フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧